大分県の出張写真撮影

大分県の出張写真撮影カメラマン依頼・予約19,800円〜

出張 撮影 大分

当ホームページをご覧くださり、ありがとうございます。こちらのページではプロカメラマン(写真家・フォトグラファー)による大分県内での写真出張撮影・ロケーションフォトサービスを案内しております。

 

当サービスでは、新生児写真(ニューボーンフォト)、お食い初め(百日祝い)、初節句、お宮参り、ハーフバースデー、ファーストバースデー、お誕生日会、七五三(753)を始め、幼稚園・保育園の入園式・卒園式、運動会、小学校の入学式、ピアノの発表会、ハーフ成人式(1/2成人式)、ハロウィン、クリスマス、ホームパーティー、年賀状、成人式、カップル写真・エンゲージメントフォト、結婚写真・フォトウェディング、マタニティフォト、ポートレート、新居・新築・引越し祝い、還暦祝い・長寿祝い(喜寿・米寿)、生前撮影(遺影写真)、ペットといった家族写真を中心に撮影させていただいております。また、屋外でのロケーションフォト以外にも、ご自宅や飲食店、スタジオなど屋内での撮影を承ることも可能です。

 

サービス内容、ご利用料金、その他情報につきましては、下記の当サービス公式ホームページにて詳しく記載しております。

派遣 カメラマン

 

お急ぎの方は下記窓口よりお問い合わせくださいませ。

派遣 カメラマン 予約

 

≪地域情報≫

大分県(おおいたけん)は、日本の九州地方東部にある県。県庁所在地は大分市。

 

出張 写真 大分

 

概要

温泉の源泉数(4,538ヶ所)、湧出量(291,340L/分)ともに日本一で、別府湾に面する別府温泉、県中央部に位置する由布院温泉は全国的に知名度が高い。さらに地熱発電でも日本一を誇り、栽培、養殖などの産業、食文化や美容と医療に至るまで、豊かな温泉の恵みが幅広く活かされていることから、県では「日本一のおんせん県おおいた」と称し、全国に大分の温泉をPRする活動を行っている。

 

名称

現在の大分県の名は、古来国府が置かれていた大分郡(おおきたのこほり)に由来する。「おおいた」という読みは、「おおきた」が転訛したものである。
さらに、大分郡の名の由来については、『豊後国風土記』によると、景行天皇がこの地を訪れた際に「広大なる哉、この郡は。よろしく碩田国(おおきたのくに)と名づくべし」と感嘆して名づけ、これが後に「大分」と書かれたとされている。しかし、大分平野は広大とは言えないため、実際には、狭くて入り組んだ地形に多くの田が造られている様子を形容した「多き田」が転じて「大分」になったとするのが最近の定説である。

 

大分県知事広瀬勝貞より

県政の主役は何と言っても県民です。県政の推進に当たっても、その県民の気持ち、要望をしっかり頂いていくことが大切です。県政ふれあいトークなどでこちらからも皆さんの所に伺ってお話を聞かせていただきます。そして皆さんとともに知恵を出し汗をかいて安心・活力・発展の大分県をつくっていきます。これからも「県民中心」の県政です。

 

そして、先ずは県民だれもが景気回復を実感できるようにすることです。そのための好条件も揃ってきました。東九州自動車道が2年前倒して県内全線開通、県立美術館OPAMの開館、さらには夏のJRデスティネーションキャンペーンと、イベントが目白押しです。各市町村でプレミアム商品券を発行して消費喚起に拍車をかけます。

 

もう少し長い目で見れば、「大分県版地方創生」に取り組み、人口減少に歯止めをかけ、地方が元気を取り戻すようにしなければなりません。私は選挙期間中、大分県版の地方創生に取り組むことをお約束しました。

 

一つは、人を大事にして人を育てることです。高齢者に元気で長生きしていただく健康づくり、障がい者の就労・自立支援、それに「子育て満足度日本一」を目指す取り組みです。さらに、学校、家庭、地域が連携して教育の充実を図ります。

 

二つは、仕事をつくり、仕事を呼び込むことです。農林水産業の構造改革や中小企業・小規模企業の振興、商業・サービス産業では、「おんせん県おおいた」など観光・ツーリズムの展開で盛り立てます。もとより、企業誘致には引き続き力を入れます。

 

三つは、地域を守り、地域を活性化することです。県立美術館の開館やラグビーワールドカップ2019の大分開催など、芸術文化やスポーツイベントも活かして地域の活性化を図ります。このたび県内くまなく回りましたが、空き家や廃屋の多いのにあらためて驚きました。そんな地域では皆さんが力を合わせて守ってきた集落の機能を守り切れなくなっています。それでも住み慣れた地域に住み続けたいという住民の思いに沿えるよう、新たに集落の機能を広域で補い合う「ネットワーク・コミュニティ」の取り組みも進めます。

 

大分県の温泉

大分県には、その中央部を北東から南西に走る別府−島原地溝と呼ばれる大地の裂け目に沿って、多くの新しい火山があります。本県の温泉の大多数は火山性温泉で、これらの火山の周辺に集中しています。北東部の鶴見岳・由布岳の周辺に別府温泉・湯布院温泉・塚原温泉・湯平温泉、南西部の九重火山群の周辺には筋湯温泉・川底温泉・宝泉温泉・七里田温泉・長湯温泉・筌ノ口温泉・赤川温泉などがあります。近年、ボーリング技術の進歩とともに深い深度までの掘削が容易になり、大分市などの非火山性温泉も含めると、県内16市町村で温泉開発が行われ、温泉地も62箇所(宿泊施設のある場所を計上)となっています(平成26年3月末現在)。